セミナーのご予約はこちら

HOMAについて

  • TOP
  • HOMAについて

30年先も変わらない価値を
~豊かな未来を約束する家 HOMA~

家づくりにあたって、”家を建てること=ゴール”と考えてはいませんか?
これまでの日本の家づくりは、新築したそのときから価値が下がってゆき、およそ20年後にはゼロになるという「消費型の家」でした。

しかし、例えば京都の町家やヨーロッパの建物そうであるように、手入れをしながら長く住み続けることができ、その価値が損なわれない住まいの在り方にも目を向けてみましょう。HOMAでは、いつまでも住まいの価値を維持しながら、快適に済み続けられることこそ「本来の家の姿」だと考えています。

ジーテックジャパンはHOMAの一流建築家とタッグを組み、優れた建材とアイデアで、30年先の未来にも”価値が損なわれない”、快適で住みやすい、災害にも強い家づくりをサポートいたします。ご入居後には、継続的なメンテナンスもお任せいただけます。

日本の新しい基準を生み出したHOMAの家の魅力について、大阪府吹田市のジーテックジャパンがわかりやすくご説明します。

住む人の暮らしに合わせて
「住まいの形」を変えられる家

住む人の暮らしに合わせて「住まいの形」を変えられる家

住む人の暮らしに合わせて「住まいの形」を変えられる家

HOMAの最大の特徴は、「スケルトン・インフィル」住宅であるという点です。家を建てたときの家族構成や年齢は当然ながら変化し、新築時には快適に使えていた住まいも、20年30年をすぎると経年劣化があり、使い勝手も悪くなってきます。スケルトン・インフィルなら、住む人のライフスタイルに合わせて容易に内装や間取りを変更することができます。そのため、長期にわたって快適に住み続けることができるのです。

PICK UP!スケルトン・インフィルとは……?

HOMAで採用しているスケルトン・インフィルの、スケルトンとは建物の構造体のことを指し、インフィルは間取りや設備などの内装部分を指します。従来の日本の住宅建築ではこれを分けて考えることはありませんが、HOMAでは両者を分離して考えることで、ライフスタイルやライフステージの変化に合わせてインフィルの改造で対応することができるのです。

  • HOMAのインフィルの特徴

    HOMAのインフィルの特徴

    家族構成やライフスタイルが変わるタイミングに合わせて、設備の更新や間取りの変更が可能になります。

  • HOMAのスケルトンの特徴

    HOMAのスケルトンの特徴

    優れた建材を採用し、およそ3世代(75~90年)ほどの長期使用を想定した造りとなっています。

標準仕様について

標準仕様について

防蟻防湿シート

防蟻防湿シート

基礎コンクリート下部に、防蟻・防湿シートを全面に敷き詰める工法です。防蟻・防湿シートは、シロアリ防除成分「ビフェントリン」を含み耐久性の高いEVA樹脂性。「ビフェントリン」はWHO(世界保健機構)にも人体・環境にも安全だと認められた安全・安心な成分です。湿気を好むシロアリの地中からの侵入を防ぎます。シート自体は劣化しないため定期点検は不要ですが、HOMAでは10年保証をおつけしています。

樹脂サッシトリプル

樹脂・高性能サッシ
樹脂サッシトリプル

熱の伝わりにくい樹脂フレームと、高性能ガラスを組み合わせた国内最高クラスの断熱性能を誇るサッシです。窓から逃げる熱を大きく削減します。高い気密性と遮音性に優れ、屋外の騒音から静かな暮らしを守ります。豊富なデザイン・カラーがあり、引違い窓はもちろん、ドレーキップ窓や縦すべり出し窓にも対応。握りやすいアールデザインハンドルや、セーフティグリーン・調整機能付きの新型クレセントを標準採用しています。

Low-E金属膜を施した内外2枚のガラスで構成されるトリプルガラスを標準採用 開き窓 引違い窓
ガラス総厚 31mm 27mm
空気層厚 11mm 9mm
高性能ハイブリッドサッシ

アルミと樹脂を融合させたハイブリッド構造で、高い断熱性能を実現しています。熱効率を高めることで、電気使用量(電気代)やCO2排出量も大幅に低減します。室内側に樹脂を採用しているため、結露の発生も抑えられます。アルミを室外側に配置することで、優れた断熱性能はそのままに遮蔽性を向上させているため、真夏の強烈な日差しが入るお部屋に最適です。

24時間換気システム(第一種)

24時間換気システム(第一種)

1台の給排機で給気・排気を行い、熱交換率最大92%を誇ります。温度・湿度の両方を交換するため、冷暖房費のコスト削減が可能です。また、消費電力は1台あたり5.61W、稼働音は23dB以下と、ささやき声のような静かさ。ダクトレスタイプで配管が不要ですので、据え付けも簡単。適切な給排気によって、カビの発生源や建材の劣化を招く結露を防ぎます。

屋根用断熱材

屋根用断熱材

優れた断熱性能を持つ芯材と、放射熱を97%反射する効果を持つアルミ箔面材を組み合わせた断熱材で、高い断熱効果を発揮します。-30℃~120℃の温度範囲でも変質することなく性能を維持し、燃えにくい分子構造(イソシアヌレート結合)であることから、バーナーの炎でも表面が炭化する程度で、内部への影響を遮ります。不燃材料として国土交通省大臣認定を取得したグレードにも対応可能です。芯材は独立気泡であり、防湿性能も併せ持ちます。

充填断熱材

充填断熱材

ZEH(※)や省エネ基準に対応できる高い断熱性能を持ちます。ガラスが原料のガラスウールは不燃材料で、ホルムアルデヒドも含まず、シックハウス症候群の心配もありません。

※ZEH(ゼッチ)=Net Zero Energy House(ネットゼロエネルギーハウス)の略称。政府が推進する、太陽光発電などで創り出すエネルギーと、生活の中で使用するエネルギーを最終的にプラスマイナス0(ゼロ)にすることを目指した住宅方式。

外壁材

外壁材

骨材の素材感をそのままテクスチャーとして感じられる、ナチュラルで美しい塗り壁材です。天然の花崗岩を思わせるヴェネツィアの塗り壁材で、装飾性の高い外壁材を6色(標準色)ご用意しています。フラットなテクスチャーの表面には、小さな結晶が反射し、奥ゆかしい上品ささえ感じさせます。

アクリルシロキサンをベースにした保護コーティングは、大気中の排気ガスや粉塵の汚れを抑制し、透湿撥水性を持ちます。耐候性、装飾デザイン性、機能性が高く、外断熱工法(ETICS)のトップコートにも適しています。弾性もあるため割れにくく、存在感のある個性的で大きな壁に仕上げることも可能です。

制振ダンパー

制振ダンパー

制振ダンパーは、強度を増した建物の応答加速度を抑えることで、構造体(筋交い、構造用合板)の変形を抑え、建物全体の変形量を低減させます。HOMAで使用する制振ダンパーには、長期間の安定使用が可能な特殊素材(国産)を採用し、60年以上にわたるメンテナンスフリーを実現しています。100万回以上の作動試験をクリアしており、繰り返す余震の揺れに対しても性能低下がないことが確認されています。

アルミ巾木

アルミ巾木

デザイン面で主張が少ないアルミ巾木を使用することで、玄関周りやリビングはじめ、あらゆる空間の壁をきれいに整えます。施工時には、まず巾木を床材に固定したうえに、プラスターボードを取り付けることで、従来の巾木のように床から浮くといったトラブルを防ぎ、壁材を保護するという巾木本来の役割も十分に果たしてくれます。

また、アルミ巾木が苦手とする、さまざまなテクスチャーの床材のデコボコとの調整には、樹脂パーツに巾木本体を接着させる施工のため、床材のデコボコの影響を直接受けにくい構造となっています。

CONTENTS

HOMAによるジーテックジャパンの家づくりの考え方や気になるお金の話、
家づくりの流れ、よくあるご質問をご紹介します。