セミナーのご予約はこちら

いくらかかる? お金の話

  • TOP
  • いくらかかる?お金の話

きちんと考えておきたい家づくりのお金の話

夢が膨らむマイホーム建築ですが、そこには必ず、「お金」という現実と向き合うタイミングがあります。HOMAでの家づくりは、デザインや機能性を追求しつつ長期に渡って資産価値を維持できる家を、低価格で手に入れられることから、非常にコストパフォーマンスに優れています。しかし、家を建てる際には、建物のコストだけでなくさまざまな諸費用が発生します。

ここでは、大阪府吹田市のジーテックジャパンが、家を建てる際に考えておきたい、家づくりの費用について簡単にご説明します。ご不明点などありましたら、個別にご相談を承りますので、お気軽にお問い合わせください。

家を建てる際の費用の内訳

家を建てる際の費用の内訳

家を建てるときに、最低限必要となるのが、本体工事費と別途工事費+設計料です。諸費用については、資金調達の方法や、建築中の仮住まいの有無等によっても費用は大きく変わってきます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

建築工事費 設計料
本体工事費
(建物本体にかかる工事費)
別途工事費
(本体以外にかかる工事費)
設計料・工事監理料
  • 基礎工事
  • 木工事
  • 屋根工事
  • 外壁工事
  • 建具工事
  • 内装工事

……等

  • 既存建物の解体費
  • 地盤改良工事費
  • 外構工事費
  • 照明器具工事
  • カーテン工事費
  • 空調工事費
  • 屋外電気工事費
  • 給排水等の引込工事費

……等

建築工事費の10%が目安
諸費用
工事関係 登記関係 ローン関係
  • 建築確認申請料
  • 近隣挨拶関係費用
  • 地鎮祭費用
  • 上棟式費用
  • 建物表題登記
  • 土地所有権登記
  • 建物所有権保存登記
  • 抵当権設定登記
  • 手数料
  • 保証料
  • 団体信用生命保険特約料
  • 火災保険料
建て替え関係 引っ越し費用 税金
  • 建築中の仮住まい費用
  • 滅失登記費用
  • 新居への引っ越し費用
  • 印紙税
  • 登録免許税
  • 不動産取得税
  • 固定資産税
  • 都市計画税

先を見据えた資金計画

先を見据えた資金計画

住宅ローンが他の大切な支出の妨げにならないために

住宅ローンが他の大切な支出の妨げにならないために

家を建てる場合には、ほとんどの方が住宅ローンを設定することになります。月々の返済額やボーナス払いについては、事前に返済計画で綿密に計算しているはずですが、国内外の経済が不安定になると、あっという間に返済が苦しくなってしまうこともあります。

返済は無理のない範囲で、他の大切な支出に影響することのない設定が必要です。人生の3大支出とされているのが、「住居費」「教育費」「老後資金」です。それぞれのご家庭の事情を踏まえてこれらのバランスを考え、他の支出に悪影響が出ないよう、周到に余裕のある計画を立てましょう。そのためにも、住宅ローン商品の選び方や、いつの金利のタイミングで借り入れるかなどを考慮することが大切です。

無理な住宅ローンではありませんか?

人生に幾度もない家づくりでは、できるだけ思い描いていた住まいの理想を盛り込みたいものです。住宅ローンも借入額の設定を上げれば、それだけ広い家や設備のグレードアップが図れます。

しかし、家は建てておしまいというものではありません。住みながらのメンテナンス費用も発生します。また、住宅ローン返済が家計を圧迫して、日々の生活の潤いとなるような支出を我慢しなくてはならないことがあると本末転倒です。

HOMAの家づくりで、将来を見据えた家づくりをするからこそ、資金面でも先の見通した計画を心がけましょう。

住宅ローンを正しく選ぶために

住宅ローンを正しく選ぶために

住宅ローンを借りるときの鉄則とは……?

住宅ローンを借りるときの鉄則とは……?

住宅ローンを検討するときには、数ある商品のなかから、何を選ぶのがご自身にとっての最善か、しっかり見極める必要があります。そこで覚えておいていただきたい鉄則が、「いくら借りられるか」ではなく「いくらなら返せるか」です。

一般的には、住宅ローンの返済額は年収の25%以下にすることがベターとされています。しかし、借りる額は主に「年収」から計算されますが、返せる額については「手取り収入」を元に家計からの毎月の支出として考える必要があるので注意が必要です。また、将来何らかの事情で働けなくなったときに、返済が苦しくなることのないよう、さまざまなリスクについてもあらかじめ考えておくと安心です。

住宅ローン商品は5,000種類近くあります

住宅ローンの種類は、現在5,000種類近くあり、そのなかからご自身に合った商品を選ぶことになります。固定金利や変動金利、返済額が完済まで変わらないものから、収入増を見越して段階的に増えていくものなどがあり、さらに、それらを組み合わせた商品もあります。

金利や総返済額など無視したり、安易に考えたりすると、トータルで損をしてしまうこともありえます。ジーテックジャパンではこれらをしっかり踏まえたうえで、お客さまの資金計画にぴったりの住宅ローンが選べるよう、しっかりサポートさせていただきます。安心してご相談ください。

CONTENTS

HOMAによるジーテックジャパンの家づくりの考え方や気になるお金の話、
家づくりの流れ、よくあるご質問をご紹介します。